日本-日本語
» お問い合わせ
 
日本-日本語
印刷可能枚数

印刷可能枚数の測定 Color LaserJetプリンタ

 

»

印刷可能枚数

プリンタやサプライ品を購入する際には、できるかぎり多くの情報に基づいて決断を下したいものです。最も重要な考慮事項は、印刷能力、印字品質、印刷速度、各種機能、使いやすさですが、さまざまなコストを比較検討したい消費者も少なくありません。お客様のニーズが多様であることを踏まえ、HPでは、さまざまな購入価格と維持費でご利用いただけるように、各種の印刷機能を備えた多種多様なプリンティングシステムをご用意しています。コストを比較検討する際には、品質、信頼性、サポート、生産性をはじめとする数多くの要素を検討する必要があります。印刷可能枚数とページ単価(cost-per-page, CPP)によって、経済性の一部がわかります。以降では、Color LaserJetプリンタの印刷可能枚数の測定で考慮すべき点について説明します。
HP LaserJet
異なるメーカーのColor LaserJetプリンタの印刷可能枚数を比較することは、容易ではありません。テスト文書、印刷ジョブの規模、印字品質モード、トナー切れ判定方法、サンプルサイズ、環境条件など、膨大な数の要因が、印刷可能枚数の測定結果を左右するからです。

ISO基準の重要性

印刷可能枚数は印刷に要するコスト全体のごく一部にすぎませんが、最高のプリンティングシステムをお選びいただけるよう、そのあらゆる要因について役立つ情報をお客様に提供したいとHPでは考えています。HPは自社プリンタを対象とした厳格で信頼性のある印刷可能枚数測定方法を開発するとともに、厳格な業界規格の開発を支援しています。HPは、モノクロレーザープリンタのモノクロトーナーカートリッジの印刷可能枚数を判定するISO/IEC 19752規格の開発に参加し、同規格を全面的に支持しています。同規格は、印刷可能枚数の信頼できる測定方法の確固たる基盤となっています。HPはまた、Color LaserJetプリンタとインクジェットプリンタのカートリッジの印刷可能枚数測定を規定するISO規格の制定作業にも参加しています。これらの規格は、印刷業界全体における印刷可能枚数テストの改善に役立つとともに、真の比較検討を可能にします。

HPのアプローチ

HPでは、Color LaserJetプリンタトナーカートリッジの印刷可能枚数の厳格なテスト方法を開発しました。Color LaserJetプリンタを対象としたISO規格が最終的に制定されるまでは、このテスト方法を使用します。印刷可能枚数を一貫した測定基準でテストし正確に判定するために、独自のテストページをHPは開発しました。このテストページは、各トナーカートリッジの印字率が約20%または5%である一般的印刷を基準とします。(下記の約20%の印字率例を参照してください。)印刷環境、サンプルサイズ、および統計分析に関する考慮事項は、ISO/IEC 19752のモノクロトナーカートリッジ印刷可能枚数規格と同じです。
#1 #2
シアン、イエロー、マゼンタ、黒を使用しページ全体に対する印字率が約20%である、一般的業務文書の例です。

HPのColor LaserJetトナーカートリッジの印刷可能枚数テスト方法

HPでは、品質と信頼性に対するお客様の期待に応えるよう常に一貫した印刷可能枚数を確実に提供できるようにするため、研究と開発に投資しています。一貫したテスト基準を適用することは、正確かつ信頼性ある印刷可能枚数測定の実現に不可欠です。HPのColor LaserJetトナーカートリッジ印刷可能枚数テストは、次の要領で行われます。

  • 新しいプリンタとカートリッジを使用してテストを行います。
  • 各テストには、1機種につき3台のプリンタを使用します。
  • トナーカートリッジの各印刷可能枚数テストにおいて、各9個のカートリッジを使用してテストを行います。
  • テスト文書は、各カラー(シアン、マゼンタ、イエロー、黒)の印字率が約5%である、HP独自のテスト文書です。
  • 用紙補給で中断する以外は、連続印刷します。
  • オフィス環境と同じになるように、温度と湿度が調整されます。
  • 仕様通りの印刷可能枚数をカートリッジが確実に印刷できるようにするため、印刷可能枚数の追加テストが全工場で継続的に行われます。

印刷可能枚数を正確に求める際の決定的要素であるトナー切れについても、HPでは明確な定義を採用しています。Color LaserJetの印刷可能枚数テストにおけるトナー切れは、プリンタが「カートリッジを交換してください」というメッセージを表示したときであると定めています。

最近発売されたプリンタの場合、プリントカートリッジのおよその印刷可能枚数がこのウェブサイトに掲載してあります。また、その他のプリンタの場合にも、www.hp.com/jp記載の製品情報ページで特定のプリンタやカートリッジを検索すれば見つかります。1

カートリッジの印刷可能枚数は多くの検討事項の中の1つにすぎない

プリントカートリッジの印刷可能枚数は、各種競合プリンタの機能を比較する際の貴重な情報です。また、カートリッジの交換時期を把握したり、大量の文書印刷で充分なカートリッジを確保したりするためにも役立ちます。ただし、印刷可能枚数はプリンティングシステムの価値全体のごく一部であり、印刷にかかるコスト全体を形成する要素の1つにすぎません。製品を比較する場合には、最高の総合価値が得られるよう、あらゆる要因を検討すべきです。信頼性、生産性、品質といった要因は、目に見えないコストにつながります。信頼性がある製品は、結果的に、問題解決にかかる時間と経費の削減をもたらします。最高の総合価値を求めるならば、システムの信頼性、品質、使いやすさはもとより、お客様自身の印刷に関するニーズを正確に把握したうえでプリンティングシステムを選ばれることを、HPでは強くお勧めします。

1 実際の印刷可能枚数は、用途によって異なります。

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2021 Hewlett-Packard Development Company, L.P.